【VOD】定額・レンタル制動画配信サービスおすすめランキングはこちら

【通信速度No.1】au回線の格安SIM。UQモバイルをiPhoneで利用する際は注意が必要。

最近利用者が急増しているSIMフリースマートフォン。実際に私もUQモバイルの利用を初めて1年が経ちました。

私の場合は自宅ではWiFiにつながっており、外出時でもLINEやFacebook、メール、ネット検索といった軽い利用が多いため通信料がそれほどかかりません。

キャリア携帯で高い料金を払って利用するのがもったいなく感じたので格安SIMへ切り替えを実施。

実際にauでの利用料は“8,000円”程度でしたが、UQモバイルに変更したら“1,900円”になりました。約6,000円も安くなりビックリしています。1年間で考えると“72,000円”です。

ちょっとした旅行ができるくらい安くなったので、UQモバイルに切り替えて正解だったと感じています。

ただし、SIMフリースマートファンはメリットもありますが、利用方法によってはデメリットもあります。

私が実際にUQモバイルを1年間利用して感じたことをご紹介します。

UQモバイルを選んだ理由

私が“au”からUQモバイルに乗り換えたかというと理由は3つあります。

利用しているiPhone6がSIMロック解除対象外だった

私は“iPhone6”を利用していたので、残念なことにキャリアでのSIMロック解除端末の対象外だったのです。“iPhone6S”からがSIMロック解除対象端末だったのです。

“iPhone6”を買い替えれば何の問題もないのですが、SIMフリー端末になると端末代金のキャリア補助がないため全額支払いになってしまいます。アップルストアでは分割や下取りもできますが、“iPhone”は高いのでそんな頻繁に買いかえれないんですよ。

それでもSIMフリーにして利用料を安くしたかったのでどうしたらいいかかなり調べました。それでみつけたのが、各キャリアが提供している通信網を利用しているSIMカードであればSIMロックを解除しなくても利用することができるということです。

au系の格安SIMは『UQモバイル』『mineo(マイネオ)』『Fiimo(フィーモ)』『IIJmio』の4社が提供をしています。

通信速度で高評価がUQモバイルがダントツNo.1

格安SIMの1番のデメリットが通信速度の遅さです。利用する時間帯によってはかなり繋がりにくくなってしまいます。

格安SIMにしてもネットがつながらないなどの不満が増えてしまっては、変えなかったほうがよかったとなってしまいます。そうならないためにも自分の利用状況をしっかりと確認してから乗り換えることをオススメします。

UQモバイルに変更して1年が経ちますが、私の場合は今まで通り利用することができています。何の不自由もありません。

データ専用SIMでは2年契約の利用期間に縛りがなくなる

『データ専用』のSIMだけですが、2年間の利用期間の縛りがなくなります。『データ通信+音声通話』のSIMでは最低利用期間が1年間と定められていますが、1年以降はいつ解約しても解約金がかからなくなります。

ただし、『話し放題』などが付いた『おしゃべりプラン』『ぴったりプラン』を選んでしまうとキャリアと同じく2年契約の縛りが設定されているので注意が必要です。

iPhone利用者がUQモバイルに変更する場合には注意が必要

iPhoneの最新機種の場合『UQモバイルのメール』『デザリング』が利用できない

“iPhone7”以降のアップル端末になるとUQモバイルが提供する『メール』『デザリング』が利用することができません(2018年2月25日現在)。これは順次対応されてきていますが、いつ対応になるかは不明です。

私が利用を始めた当初は“iPhone6”も『メール』『デザリング』が利用できない状態でしたが、今では利用できるようになっています。

そのためUQモバイルのメールアドレス(キャリアメール的なもの)が必要な方やデザリングをよく利用する人は注意が必要です。

GmailやYahooメールなどのフリーメールを利用している方やデザリングを利用しないという人は気にしなくて大丈夫です。

『データ通信+音声通話』のプランでは無料通話が付いていない

私は電話はあまり使わずLINEの無料通話をよく使うので問題ないですが、『データ通信+音声通話』のプランでは無料通話が付いていないため通話しただけ料金が加算されます。さらにキャリアに比べて料金が少し高いです。

私の場合、LINEなどの無料通話で電話をかけることができない場合は、通話アプリを利用して電話をかけています。

通話アプリとはキャリアの通話料と同じくらいの料金もしくはキャリアよりも安くで利用できる電話アプリです。

電話番号は自分の電話番号のままで“080”や“090”の前にアプリ特有の番号が付与されて利用できるタイプとIP電話番号が設定されて自分の番号が利用できないタイプなど様々あります。

私は自分の番号のまま利用できるように『楽天でんわアプリ』を利用して電話を利用しています。利用料金は『30秒10円』とキャリアと同じくらいで、私は毎月100円程度の通話料の請求なので5分くらいは毎月利用しています。

楽天でんわアプリが気になる方は確認してみてください。電話先の相手にも今まで通りの電話番号で表示されるためオススメです。

実際にUQモバイルの料金を確認してみよう

データ通信専用プラン&データ通信+音声通話

出典:UQmobile HP

無料通話が必要ないという人に向いているのがこちらのプランです。キャリア携帯からの乗り換えだとかなり安くなります。

気になるプランがあった方は楽天市場からでも申し込みができるので確認してみてください。

おしゃべりプラン・ぴったりプラン

出典:UQmobile HP

無料通話が必要という人に向いているのがこちらのプランです。キャリア携帯から乗り換えを考えると月額利用料は安くなります。しかし、キャリア携帯と同じように2年縛り、3年縛りがあります。

UQモバイルのまとめ

今回は実際に私が利用しているUQmobile(UQモバイル)の紹介でした。通信速度No.1と言われているだけあって通信速度で不満になったことはありません。

ただし、他の格安SIM業者に比べてプランの選択肢が少ないという点が少しだけ不満です。

通信速度を重要視する人にはオススメの格安SIM業者です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。